政府の非常事態宣言を受けた当グループのコロナウイルス対策について

平素はglobal bridge HOLDINGSグループの施設運営にご理解、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスに関しまして、安倍晋三首相は緊急事態を宣言し、4月7日から5月6日までの1カ月間にわたり、外出自粛要請など全面的な協力を国民に求めました。実施区域は東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県とし、人と人との接触機会を最低7割、極力8割削減することができれば、2週間後には感染者を減少に転じさせることができると呼びかけています。安倍首相は保育園については「規模を縮小して実施するなど適切に対応する」と話しています。

その一方で、東京・渋谷区と豊島区では独自の判断で、医療従事者や警察官などの家族を対象とした特別保育を除き、区内の保育園を原則休園とする指示を出しました。また、中央区は保育園に対する休園要請を行いました。その他の自治体でも感染拡大によって保育園を臨時休園とすることも予想されます。当グループの施設では現在は登園自粛などに協力をいただきながら開園していますが、今後も管轄する自治体の指示に従って適宜対応していくつもりです。

緊急事態宣言を受けて、コロナウイルスに感染しないため①換気の悪い密室空間②多くの人が密集する場所③近距離での密接した会話を避けるよう各施設に通達を出し、施設ごとの個別対策について再度指示したところです。

東京、関西オフィスでも多くの社員が在宅での勤務に切り替え業務運営にあたっています。ただ、緊急事態宣言そのものが事態を好転させてくれるわけではなく、今後の展開はまだまだ未知数と言えます。厳しい非常下ではありますが、子どもたち、入居者のみなさま、保護者のみなさま、そして大切な家族や友人の命を危険に巻き込まないため、私たち自身が勇気を持って耐え、正しい行動をとることで、ウイルスから日常を取り戻すことができると考えています。

グループ職員一同、改めて冷静な対応を心がけてまいります。

認可保育所・小規模保育 あい・あい保育園
放課後等デイサービス にじ
児童発達支援 にじの広場
生活介護 にじの家
有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅 やすらぎ

  • ① 手洗いの徹底
    ※3月31日正午時点 管轄官庁・管轄保健所等からの更なる指示があるまでの間は、当グループ施設における感染症対策ガイドライン(厚生労働省:2018年3月改訂版)、に従って、予防と発生時対応を行います。「予防」については、季節性インフルエンザと同様に行います。特に、有効とされている「30秒以上石鹸手洗い」と「手指アルコール消毒」を徹底します。
    尚、当グループ施設においては万全を期すためにも、60秒以上の石鹸手洗いを行います。
    • 「30秒以上石鹸手洗い」については、以下(参考1)の「保育所における感染症対策ガイド ライン 2018年改訂版」に掲載されている「手洗いの順序」に従って、園児・スタッフ共に 実施します。
    • 「手指アルコール消毒」については、以下(参考2)の厚生労働省 HP掲載の「手指消毒の 手順(出典:国立感染症研究所)」に従って、スタッフ・保護者が実施します。園玄関に設置 していますので、お迎え時・登園時の手指消毒にご協力をお願いいたします。
    担当官庁及び管轄市区町村の指示に従い、利用児童に対し、現在の知見の下での新型コロナウイルスに関する適切な知識を基に、発達段階に応じた指導を行い、新型コロナウイルスを理由とした偏見が生じぬよう、子どもの人権に十分配慮してまいります。

    (参考1)手洗いの順序(保育所における感染症対策ガイドライン・2018年改訂版より抜粋)

    (参考1)手洗いの順序

    (参考2)手指消毒の手順(厚生労働省HP掲載(出典:国立感染症研究所)より抜粋)

    (参考2)手指消毒の手順
    ② うがいの徹底
    うがいの徹底 うがいも感染予防のために正しく実行します。
    うがいのタイミングは、登園時、戸外遊び後、降園前の3回です。

    1:水(食塩水)を口に含み、強くクチュクチュしながら口の中を2~3回洗い流します。
    2:次に上を向いて、のどの奥の方で10回ぐらいガラガラとうがいし(10~15秒ぐらい)、水を吐き出します。もう一度水を含み、ガラガラとうがいをします。これを数回繰り返します。
    ③ 子ども(園児)や保育士(施設職員)の登園回数を可能な限り減らす
    登園回数を可能な限り減らす

    通常どおり開園していますが、児童等に新型コロナウイルス感染症が発生した場合や、今後の感染拡大の状況に応じては臨時休園等の対応を行うことがあります。また、感染拡大防止のため、ご家庭での保育が可能な場合は、できる限り登園の自粛等にご協力いただきますようお願いします。
    *子どもの利用頻度が減少することで、社員の出勤回数が減り、結果として濃厚接触の確率を減少させることを目的としています。

    ④ 園児(入居者)同士、保育士(施設職員)同士の濃厚接触を可能な限り避ける
    濃厚接触を可能な限り避ける 対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離で2メートル程度)が、会話などで一定時間以上続き、多くの人々との間で交わされる環境は感染を拡大させるリスクが高いとされています。(厚生労働省HP掲載(新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解より抜粋)
    園児(入居者)同士、保育士(施設職員)同士の距離、また接触時間について留意し、濃厚接触を可能な限り避けることを徹底します。
    ⑤ 次亜塩素酸水の噴霧
    次亜塩素酸水の噴霧

    当社直営各施設では、各種感染症に有効と考えられている弱酸性次亜塩素酸水溶液を保育室に常時噴霧いたします。
    本品は既に1,000をこえる幼稚園や保育園、病院、公共機関などで使用されており、各種の試験や学術論文により次亜塩素酸の安全性と除菌効果について証明されています。
    *人体や動物に対して安全・安心なモノに変化させた、PH値6.8前後のお肌と同じ弱酸性の除菌剤です。

国や自治体におけるコロナ関連情報